BLOG

HOME >> BLOG >> おすすめのリゾート地シンガポールのお話☆マストアイテムを忘れるな!

おすすめのリゾート地シンガポールのお話☆マストアイテムを忘れるな!

 

さぁシンガポール。あなたは都会派?ビーチ派?

今や日本人にとって東南アジアで最も人気のあるデスティネーションリゾートになった感があるシンガポール。

シンガポールといえば、まず連想されるのが都会の中にあるリゾートホテルやナイトサファリなど。

また、ソフトバンクのCMで一躍有名になったマリーナ・ベイ・サンズは、世界中の観光客が押し寄せています。お目当てはもちろんあのプール。

建物の最上階にある長さ200m のプールは、いつ行っても多くの宿泊客で賑わっています。

リップスリップ,リップスクラブ,快眠,,美容,おすすめ,人気,睡眠,ナチュラルメイク,ライフスタイル,シンガポール

シンガポールはマラッカ海峡に面しているため、古くから海上輸送の要所とされてきました。

もちろん、いまでも多くの貨物船が行き交い、シンガポールの港はタンカーから降ろされたコンテナがところ狭しと並んでいます。

そんなシンガポールですから、現地の人々は海水浴のために、わざわざインドネシアやマレーシアまで出かけるそう。

 

超穴場!セントーサ島の新常識

ところが前回シンガポールに出かけた際に、超穴場のビーチを発見しました。帰国便が深夜のフライトだったため、シンガポールのホテルをチェックアウトしてから12時間も時間が余りました。

さあどうしよう、と悩んだ挙句、これまであまり行ったことをなかったセントーサ島へ行ってみました。

セントーサ島へはモノレール「セントーサ・エキスプレス」で10分程度。終着駅のその名も「ビーチ駅」で降りました。

セントーサ島は80年代以降、政府主導でファミリーリゾートとして開発したエリアです。その日も家族連れがたくさん来ていました。

あてもなくシロソビーチからパラワンビーチに向かってぶらぶらしていたら、無料の乗合バスを発見!思わず飛び乗ってしまいました。

たくさんの人が泳いでいるビーチが見えたので、そこで乗り合いバスを降りました。地中海やカリブ海などのビーチリゾートと比べると、お世辞にも水は綺麗とは言えませんでしたが、だいたい日本の海水浴場なみの透明度といったところでしょうか。

ピーチの表示には「アジア大陸最南端ポイント」と書かれてありました。

リップスリップ,リップスクラブ,快眠,,美容,おすすめ,人気,睡眠,ナチュラルメイク,ライフスタイル,シンガポール

チェックアウトの際に荷物はホテルに預けてきたのですが、たまたま水着だけは持ってきていたので、無料の更衣室をお借りして水着に着替え、ビーチに飛び出しました。

観光客や若いカップルに混じってしばらく泳いだ後、もう一度無料の乗り合いバスに乗り、終点のシャングリラホテルまで行ってきました。

このホテルは無料のアイスクリームサービスやドリンクサービスがあったり、宿泊客だけですが、キッズルームが用意されていたりと、ファミリーにとってはすごく使いやすいホテルだと思いました。

マリーナ・ベイ・サンズのようなバブリーなラグジュアリー感はありませんが、都会の喧騒を離れて波の音を聞いてリラックスするにはシンガポールで最高の場所でしょう。

リップスリップ,リップスクラブ,快眠,,美容,おすすめ,人気,睡眠,ナチュラルメイク,ライフスタイル,シンガポール

そのあと、セントーサ島のリゾート・ワールドで夕食をとり、ホテルに戻って荷物をピックアップし、チャンギ空港に到着したのが夜9時。

とても充実した気分でシンガポール最後の日を過ごすことができました。シンガポール旅行最終日が、もしも遅いフライトならぜひおすすめです。

ただし日差しがきついので日焼け止めはマストアイテム。もちろん保湿のためのサラハップのリップグロスもお忘れなく。

リップスリップ,ヌードスリップ,リップスクラブ,リップグロス,リップケア,サラハップ,大人女子,ぷっくら,唇,かさかさ,乾燥,夏,ナチュラルメイク,正月,ハワイ,プライベートジム,ライザップ,シェイプス
<販売元 【日本公式代理店】スパークリングビューティー>

 

RECCOMEND RANKING